2021.12.28 河北スポーツマガジンStandard宮城 Vol.45【2022 1-2】12月30日発売!
 
2022年がスタートします。新型コロナウイルス禍は収まる気配が見えない世情ですが、アスリートたちは気持ちも新たに、目標に向かって進んでいくと信じています。スタンダード宮城は22年もひたむきに競技に打ち込む選手やチームにスポットを当てていきます。新年第1号のVol.45は高校バスケットボール特集をはじめ、さまざまなジャンルの話題を満載してお送りします。
 
LinkIcon最新号の紹介

2021.11.1 河北スポーツマガジンStandard宮城 Vol.44【2021 11-12】11月1日発売!
 
このお知らせを書いている時点で、全国、そして、宮城の新型コロナウイルス感染者が下げ止まりとなっています。振り返ると、コロナ禍が深刻だった時期、スポーツ界は無観客など制限がかけられました。その中でもアスリートは練習を積み、自分の限界に挑んでいました。スタンダード宮城は今回も、困難な状況下で懸命に前に進んできている選手やチームを紹介します。特集は陸上競技の他、高校野球、ウエイトリフティングを掲載。また、全国高校総体をはじめ全国舞台で活躍した選手の話題、各種大会リポートなどを収めました。
 
LinkIconバックナンバー

2021.9.1 河北スポーツマガジンStandard宮城 Vol.43【2021 9-10】9月1日発売!
 
東京五輪が閉幕しました。新型コロナウイルスの影響で1年延び、多くの競技が無観客という異常な状態の中で開催された大会。世界のアスリートが自分の限界に挑む姿はテレビ観戦する人々の心を震わせました。同じ時期、宮城でも、若いアスリートたちが待ちわびた舞台で躍動しました。昨年、コロナ禍で中止された宮城県中学総体が2年ぶりに開催されたのです。スタンダード宮城は中学生たちの熱戦の様子をお伝えします。特集としては他にも、小学生大会をはじめ、武道に励む高校生たち、さらには、開幕が迫った女子サッカーWEリーグに参戦するマイナビ仙台レディースとスポーツ情報が満載です。
 
LinkIconバックナンバー

2021.7.1 河北スポーツマガジンStandard宮城 Vol.42【2021 7-8】7月1日発売!
 
本格的な夏の到来とともに、高校球児が熱い思いをぶつけ合って、甲子園を目指す戦いが始まります。昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大によって取りやめとなった全国高校野球選手権が今年は開催される予定で、地方大会の準備も進められています。そこで、スタンダード宮城の今回の特集は高校野球。他にも宮城のスポーツの話題を満載しました。お手に取ってみてください。
 
LinkIconバックナンバー

2021.4.30 河北スポーツマガジンStandard宮城 vol.41【2021 5-6】5月1日発売!
 
季節が春から初夏に移る頃となりました。コロナ禍は収まりませんが、対策を講じていただく関係者の努力でスポーツをする環境は昨年と比べると、だいぶ確保されているように見えます。スタンダード宮城は今回も、成果を発表する場を目指してトレーニングを積む宮城のアスリートたちを取り上げました。メインは、約60㌻にわたり、ボリュームたっぷりの「サッカー特集」です。ご高覧を!
 
LinkIconバックナンバー

2021.3.1 河北スポーツマガジンStandard宮城 vol.40【2021 3-4】3月1日発売!

春の訪れとともに、さまざまなスポーツで新たな戦いが始まります。昨年の春先から感染拡大が本格化した新型コロナウイルス。1年たっても、スポーツ界は影響を受け続けています。今年も取りやめとなった大会が少なくありませんが、アスリートたちは歩みを止めることなくレベルアップに励んでいます。スタンダード宮城は今号も逆境に負けないチーム、選手の話題を集めました。読み応えのある一冊です。ご覧ください
 
LinkIconバックナンバー

2020.12.25 河北スポーツマガジンStandard宮城 vol.39【2021 1-2】12月28日発売!

新型コロナウイルス禍が続く中で迎える2021年。終息が見通せず、スポーツ界も前年同様に少なからず影響を受けそうな気配ですが、アスリートたちは困難に屈せず、競技に打ち込んでいます。目標に向かって情熱を燃やす選手、チームを、スタンダード宮城は21年も取り上げていきます。39号は、新年早々に戦いがある高校バレーボールの特集をはじめ、多彩な話題を集めました。ご覧ください。
 
LinkIconバックナンバー

2020.11.1 河北スポーツマガジンStandard宮城 Vol.38【2020 11-12】11月1日発売!
 
季節は秋に移りました。コロナ禍の中、感染対策を取りながら、多くの大会が開催されました。少しずつ「日常」を取り戻しつつあるように見えるスポーツ界。アスリートたちは熱い思いを胸に競技に打ち込んでいます。スタンダード宮城は今回も、高校野球をはじめ、さまざまなジャンルから注目チーム、選手の話題を集めました。ご一読ください。

LinkIconバックナンバー

2020.9.1 河北スポーツマガジンStandard宮城 Vol.37【2020 9-10】9月1日発売!
 
いろいろなことがあった夏でした。気候では記録的な猛暑が続き、スポーツの世界では、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕や日程が延期されていたプロスポーツが始まり、そして、各種大会を奪われたアスリート救済の代替大会が開かれました。スタンダード宮城は今回、いつもと違う「特別な夏」を迎えた宮城のスポーツシーンを集中的に取り上げます。暑さの中、ライター、カメラマンは高校野球をはじめ高校スポーツの独自大会を追いました。参加した選手、そして、わたしたち編集部スタッフの熱い思いが詰まった一冊を手に取ってみてください。

LinkIconバックナンバー

2020.7.1 河北スポーツマガジンStandard宮城 Vol.36【2020 7-8】7月1日発売!
 
新型コロナウイルスの影響で発売が2カ月延期となったVol.36が発行の運びとなりました。いつも楽しみに待っていただいていた読者の皆さん、お待たせしました。4カ月ぶりにお届けする今号も、宮城のスポーツシーンの話題満載です。どうぞ、ご一読ください。
今回は、コロナ禍特集を巻頭に据えました。アスリートや指導者のメッセージや提言などを集めています。特集競技は「サッカー」です。高校年代を中心に、大学も含め話題性のあるチーム、選手にスポットを当てました。他には、さまざまな競技で活躍を期す、今後の注目株などのページも用意しました。

LinkIconバックナンバー

2020.4.17 河北スポーツマガジンStandard宮城 Vol.36【2020 5-6】発売延期のお知らせ
 
新型コロナウイルス感染症の影響により、発行日を変更(延期)いたします。
【変更前】5月1日(金) →【変更後】7月1日(水)

LinkIcon延期のお知らせ

2020.2.28 河北スポーツマガジンStandard宮城 Vol.35【2020 3-4】3月1日発売!
 
競技にひたむきに取り組む宮城のアスリートの姿を追い、誌面にとどめている、河北スポーツマガジン「Standard宮城」。2020年の第2号、Vol.35でも県内のスポーツシーンの熱い話題を集めました。
今回の特集競技は「バスケットボール」です。プロバスケットボールB2の東地区で好調が続く仙台89ERSのメンバーらが登場。また、県高校新人大会で8強入りしたチームを紹介し、県内の高校バスケットボール部の名鑑も収容しました。
このほかには、東北楽天ゴールデンイーグルス、ベガルタ仙台、マイナビ仙台の新加入選手や、ゴルフ界のホープ、金谷拓実に今年にかける思いを聞いています。また、19年末の全国高校駅伝で男女優勝を飾った仙台育英学園高校の監督、選手にスポットを当てた企画も用意しました。さらには、年末年始にあった各種大会のレポート、春の大会に臨む、さまざまな年代のチームの意気込みをお送りします。

LinkIconバックナンバー

2019.12.27 河北スポーツマガジンStandard宮城 vol.34【2020 1-2】12月30日発売!
 
令和元年の2019年が過ぎ去り、迎える20年。河北スポーツマガジン「Standard宮城」は、競技に取り組む宮城のアスリートの姿を追い、誌面にとどめていきます。新たな注目選手、チームの情報をお楽しみに。
34号では新しい年の門出を飾る特別企画を用意しました。鼎談、対談3連発です。在仙のプロ3球団選手による鼎談では、東北楽天ゴールデンイーグルス・島内宏明、ベガルタ仙台・関口訓充、仙台89ERS・新号健各選手が登場します。第2弾は聖ウルスラ学院英智中高校バドミントン部・田所光男総監督と常盤木学園高校サッカー部・阿部由晴監督の対談、締めはバレーボールから、東北福祉大学・佐藤伊知子部長とリガーレ仙台・佐藤あり紗主将兼監督の顔合わせです。また、東京五輪・パラリンピックが20年の夏に開催されるのを前に、五輪特集を企画。大舞台を目指す宮城の選手やこれまでの五輪に出場した宮城勢、聖火リレーの概要などをまとめました。バレーボール競技の特集では県内の高校をはじめ、社会人、大学、中学の注目チームを取り上げるほか、ウインタースポーツの話題や、ベガルタ仙台、マイナビベガルタ仙台レディースの19シーズンリポートなども収めました。

LinkIconバックナンバー

2019.11.1 河北スポーツマガジンStandard vol.33【11-12月号】11月1日発売!
 
驚き、感動に彩られた2019年秋が過ぎようとしています。何のことか、お分かりでしょう。そう、ラグビーのワールドカップ日本大会での日本の戦いぶりです。1次リーグを突破して初の8強入りという歴史的快挙を成し遂げました。「ワンチーム」を合言葉に仲間を信じ、自分を信じて闘った日本代表からは熱い思いが伝わってきました。情熱を傾けて競技に打ち込むのはもちろん、日本代表だけではありません。河北スポーツマガジン「Standard宮城」は宮城でいちずに競技に取り組むアスリートを今回も取り上げました。
特集は二つ。まずは、陸上競技です。足の速い人の例えにされる神に「韋駄天」があります。走ることは陸上競技の基本。そこで「伊達の韋駄天 翔ける秋」と題して、全国高校総体の男子100200㍍の短距離2種目を制した鵜澤飛羽(築館高校)をはじめ、東北高校新人大会などの成績上位者やチームなどを取り上げます。もう一つは水泳です。県内の有力高校、スイミングクラブに注目します。
他には、2シーズンぶりにパ・リーグでAクラス入りした東北楽天ゴールデンイーグルスの今季の戦いぶりや高校野球の話題も掲載。さらには、各種大会のリポートを収めました。

LinkIconバックナンバー

2019.8.31 河北スポーツマガジンStandard vol.32【9-10月号】9月1日発売!
 
今年も暑かった季節が終わりました。スポーツ界もいつもの夏と同じように熱いドラマとトピックが生まれました。河北スポーツマガジン「Standard宮城」は今夏の宮城のスポーツシーンからさまざまな話題を提供します。
特集は、バドミントン。国内リーグ開幕に意気込む社会人チーム、全国高校総体の男子団体で初優勝を果たした聖ウルスラ学院英智高校や高校の注目チームなども紹介します。また、NBAのワシントン・ウィザーズに入団した八村塁、ベガルタ仙台から海外に移籍したシュミット・ダニエルにフォーカスしました。
他には、県中学総体で活躍した選手、チームや、Bリーグの開幕を控えた仙台89ERSで躍進の鍵を握る選手を取り上げます。31号から2号続きの、女子サッカーの名将、阿部由晴・常盤木学園高監督、国井精一・聖和学園高総監督による対談の後編もお見逃しなく。さらには、還暦、古希野球のチーム紹介、ミニバスケットボール大会のリポートなども収めました。

LinkIconバックナンバー

2019.7.1 河北スポーツマガジンStandard vol.31【7-8月号】7月1日発売!


7月の声を聞くと、宮城の高校野球ファンの心は高鳴ります。甲子園球場で開催される全国高校野球選手権の宮城大会が13日、いよいよスタートするのです。昨年に100回の節目を迎えた大会。今回から新たな100年に向けた歴史が幕を開けます。スタンダード宮城は宮城大会開幕を前に注目のチーム、選手を特集します。また、今回は特別対談として、高校女子サッカー界の名将として知られる聖和学園の国井精一総監督と常盤木学園の阿部由晴監督に登場してもらい、今回から2号続きで思いのたけを語ってもらいます。さらに、平成時代に最も印象に残ったアスリート、チームとして、スタンダード宮城編集部で10組を選出しました。ほかには、サッカー、野球の試合レポートや注目選手紹介をはじめ、格闘技、ニュースポーツの話題と、宮城のさまざまなスポーツシーンの話題を満載しました。

LinkIconバックナンバー

2019.4.29 河北スポーツマガジンStandard vol.30【5-6月号】5月1日発売!


元号が平成から令和に変わりました。幕を開けた新たな時代に、スポーツ界は何が起きるのでしょう? ニューヒーロー、ヒロインの誕生、後世に残る業績や名勝負が繰り広げられることをワクワクしながら待ちたいと思います。河北スポーツマガジン「Standard宮城」は令和時代も、県内のスポーツシーンに熱い視線を送り続け、注目の大会をはじめ、チーム、アスリートを取り上げていきます。さて、「令和」時代第1号の30号の巻頭は宮城県サッカー特集「蹴球白書2019」です。メインは、高校女子の名門である常盤木学園に焦点を当て、表紙も主力選手たちに登場してもらいました。他には高校とクラブチーム紹介も収めました。「平成 宮城スポーツ史」は最終回。今回は平成21~30年です。また、進学などで新たな舞台に立ち活躍を期す選手たちの意気込みのほか、野球、ソフトボール、マラソンなど各種大会のレポートなども掲載しました。

LinkIconバックナンバー

2019.3.1 河北スポーツマガジンStandard vol.29【3-4月号】3月1日発売!


春の訪れとともに、プロの野球やサッカーをはじめ、さまざまなスポーツが新たに動き始めます。河北スポーツマガジン「Standard宮城」は3・4月号でも旬な競技、そしてアスリートを取り上げていきます。巻頭のTOP ATHLETE INTERVIEWは、プロ野球の東北楽天に今シーズン、西武から移籍してきた浅村栄斗内野手のほか、ベガルタ仙台に新たに加わった照山颯人、田中渉両選手、マイナビベガルタ仙台レディースの新入団プレーヤーです。特集はバスケットボール。まずは、B2で、激しい昇格争いを繰り広げる仙台89ERSの指揮官、中心選手の思いに迫ります。また、高校新人大会の8強チーム紹介、さらに、県内男女75チームの選手名鑑も掲載、ミニバスケットボールの話題も取り上げます。1・2月号に続く「平成 宮城スポーツ史」は第2弾。平成11~20年です。他には春に開催されるさまざまな大会に出場するチームや選手の意気込みもお伝えします。

LinkIconバックナンバー

2018.12.28 河北スポーツマガジンStandard vol.28【1-2月号】12月28日発売!


平成最後の年となる2019年。河北スポーツマガジン「Standard宮城」は新たな年も宮城のスポーツの話題を読者の皆さんにお届けします。19年最初の28号もプロ、アマの選手、チームを多彩に取り上げました。巻頭は、サッカーの天皇杯で準優勝したベガルタ仙台の決勝の模様をリポートします。また、新年を迎えるに当たり、「高みへの超戦」と題し、スタンダード宮城が注目する、19年に活躍や飛躍が期待される“いち押し”の選手を紹介します。そして、平成が幕を閉じるのに機に、この30年間の宮城のスポーツ界の出来事を振り返る平成の宮城スポーツ史が28号から3号続きで始まります。競技特集はまず、高校バレーボールです。有力チーム、選手のほか、県内の高校チームの名鑑も掲載しました。他には、19年に日本でワールドカップが開催されるラグビーにちなみ、県内で奮闘する大学、高専、高校、女子チームを取り上げます。ゲームリポートは、全国高校サッカー宮城県大会決勝、宮城県還暦軟式野球と県古希軟式野球の各秋季大会決勝などです。

LinkIconバックナンバー


◎岩手版◎

◎愛知版◎